アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
マルクス・エンゲルス全集のはなし
ブログ紹介
マルクスは生きている。いまマルクスに注目が集まっています。難解なマルクスを簡単に読破できる新しい読書術。マルクス・エンゲルス全種CD−ROM版のびっくり利用術を公開。マルクス読破の皆様のお話も聞かせてください。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「マルクス・エンゲルス全集」の正しい(笑)読み方・使い方
電子書籍版「マルクス・エンゲルス全集」の正しい(笑)読み方・使い方    その1.1巻から全部読む(うそ)。なかには、そんな猛者もいらしゃるけれど、私くしなんぞは、読むしりから忘れる(笑)。読んだことも忘れる(笑)。これダメ。  その2.全集の一番の値打ちは、「検索」巻にあります。あらゆる「問題」でテーマ別に一覧が表示される。一つの問題を、徹底して読んでいけるので、理解が深まること間違いない。たとえば、「意識」とか「女性(婦人)」とか、その都度、興味のあるテーマを読んでいくことであります。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/21 19:55
マルクス・エンゲルス全集の「注解」全巻分ファイル完成しました
電子書籍版「マルクス・エンゲルス全集」の全巻分の「注解」をファイルにまとめました 本文を読むとき、これを2面表示することで、速攻注解を見ながら読み進めます。 また、書籍版をお持ちの方も、大変便利になります。電子書籍版の購入者には、付録としてお付けします 書籍版の読者には、定価3240円(込)で、特価販売します。お申し込みは、ホームページmarxojisan.com からお申し込みください facebookが出世して(笑)marxojisan.comとなりました よろしく ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/26 12:00
マルクス・エンゲルス古典文庫(22冊)に注解ファイルを付けました
マルクス・エンゲルス古典文庫(22冊)に注解ファイルを付けました マルクス・エンゲルス全集古典文庫を買った方から、注解が付いていないと指摘がありました まったく、失念をしておりました(笑) マルクス・エンゲルスの著作は、結構難解で(あたりまえ?)注解なしでは、とても読めません(注解の方が、実は難しかったりして・笑) 急いで注解ファイルを作りましたので、お知らせします いままでに買われた方には、付録としてお届けする予定です このファイルを本文と共に2面表示をすると、注解を読むのに手間いらずになります ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/24 13:46
なんと!一週間に3セットも売れた!
この連休一週間で、「マルクス・エンゲルス全集」が、連日のごとく3セットも売れた!  だいたい、「マルクス・エンゲルス全集」なんてもの(笑)は、強力な訪問販売活動を、しつこく(笑)かけて、も、売れない(笑)。バブルの時代でも、お客様から、お買い求めにいらっしゃるなんて、まあ〜ないのである。それが、3セット!嬉しい限りではありませんか?  そもそも、「マルクス・エンゲルス全集」は、私めの一か月のお小遣いが、500円(いつの時代や)の時1冊1000円でありました。初任給12000になったときで、1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/06 17:12
マルクスをもう誰もよまない?マルクス・エンゲルス全集はもう売れない?
マルクスをもう誰もよまない?マルクス・エンゲルス全集はもう売れない? 石川康宏×内田樹『若者よマルクスを読もうU』で、「いま、若い人たちはもうマルクスを読みません(日本だけでなく、世界中がそうです)若い人に限られない。もう誰もマルクスを読まない。僕たちはこの否定的な現実から出発しなければならないと思います」 そして、「日本はほんとうに例外的な国なのです」「マルクスの全著作どころか草稿までも翻訳されており、それについての膨大な研究書あり、かつマルクスの理想の実現を掲げる政党が国会に議席を持っている。そんな国は世界中を眺め回しても、もう日本とフランスくらいしかありま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/24 19:39
「若者よ、マルクスを読もう」「そして本を買おう」石川康宏先生(民青新聞3月30号)
 民青新聞3月30日号で、神戸女学院大学教授の石川康宏先生が、新入生歓迎企画で、新大学生に、「マルクスを読もう」と呼びかけている。そして、いま流行のピケティ『21世紀の資本』とマルクスとの根本的な違いを「ピケティは経済的な不平等や格差が広がる歴史を多くのデーターから明らかにしました。しかし、なぜそうなるかについては、これといった掘り下げをしていません」それにたいして、マルクスは「資本が蓄積されるのにつれて、労働者の報酬がどうあろうとー高かろうと低かろうとー労働者の状態は悪化せざるを得ない」という... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/30 22:36
リュックベッソン監督「LUCY」を観ました。マルクスおじさんの意識論@
突然ですが、「LUCY」を見にいきました。人間の脳を100パーセント使うと、どうなるかと言うテーマに大いなる関心があり、ベッソン監督の「天才的」洞察があるかどうか、興味津々でありました。さすがに、結構面白くて、40%で、時空にアクセス、100%でどうなる?これは見てのお楽しみ(笑い)。お金を払ってみても、許せるものでした(これ、褒め言葉ですぞ・笑)  ところで、「意識」は人間の脳の運動に違いない。マルクス主義(古い・笑)では、存在が意識を規定する、意識が存在を作ることはないと言うのは鉄則である... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/07 16:12
電子書籍版「ルイ・ポナパルトのブリューメル18日」540円
電子書籍版マルクス。エンゲルス全集ができて、e-book全集版マルクス古典文庫で、 マルクスの「ルイ・ポナパルトのブリューメル18日」が、e-book文庫として出来ました。 定価540円(込)です。(安い・笑)ホームページ電子書籍版マルクス・エンゲルス全集からの注文フォームでお申込みください。 即日、メール添付でお届けします。お支払は安全を期して(笑)〒振込用紙をお届けします ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/15 14:14
e-bookマルクス・エンゲルス全集版古典文庫
電子書籍版マルクス・エンゲルス全集ができたので、各論文が手軽に、文庫として手に入れることができるようになった。値段も、各巻500円と格安である。是非とも、パソコンやタブレット端末、スマートフォンなどで、持ち歩いて読んでほしいものだ。 メール(ホームページからメールソフトで)でお申込み頂ければ、即、メール添付でお届けいたします。 代金500円は、振込後払いでOK ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/11 11:44
電子書籍版マルクス・エンゲルス全集のはなし
電子書籍版マルクス・エンゲルス全集のはなし  マルクス・エンゲルス全集を本格的に普及すべく、必死の思いで、沖縄から東京へ引っ越しをした。 だが、無残にも、途端に、大月書店は発売中止・絶版を決定した。(笑い) (おいら、どうすればいいの!)  以来2年間、塗炭の苦しみ、苦悶・苦闘・煩悶(全部うそ)の日々でありました。 そこで、おいらは自家版「電子書籍版マルクス・エンゲルス全集」を作成した。 パソコンはもとより、タブレット端末・スマートフォン・キンドルなどで、携帯できるもとなった。 画像のようにタブレットで見ると、老眼鏡(笑い)不... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/03 16:03
マルクスは言う、すべての物事は、経済関係が物言っている。例え夫婦といえどもしかり
マルクスは ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/05/08 15:24
「権力は奪いかつ奪う」と言うのは白土三平「カムイ伝」であるがマルクスは資本の収奪を描いている
 白土三平「カムイ伝」のなかに「権力は奪いかつ奪う」という言葉がある。この作品は江戸時代の下層人民の生活をリアルに描きながら、権力のあくなき残酷さを見事に表現している。法政大学の田中優子先生はこれを、テキストに取り上げている。これをマルクスの表現に置き換えるなら、「資本は奪いかつ奪う」となる。巨大資本対労働者の一生を見るならば、労働者の一生は、裸で生まれて(あたりまえ・笑)、働いて働いて、で、結局裸にされてあの世に行く、アリンコのような人生となるのだ。  あくなき利潤追求の資本の総意は、すべて... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/10/25 17:36
エンゲルスは我々は人類史上まだまだ初期の若い世代だという
 エンゲルスは「反デューリング論」で、実に謙虚な学問的見解を示している。 「じっさい、われわれはおそらくまだ人類の歴史のごく初期にいるのであって、われわれがそれの認識をーじつにしばしばかなりの軽蔑をもってー訂正できる世代の数よりも、将来われわれを訂正するであろう世代の数のほうが、おそらくずっと多いだろうからである。」(マルクス・エンゲルス全集20巻89頁) 「人類史全体がまだどんなに若いか、そして、われわれの今日の見解をなんらか絶対的な妥当性をもつもののように考えることがどんなに笑うべきこと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/01 12:01
マルクスはどんな憲法をめざしたのか
マルクスはどんな憲法をめざしたのか  今年3月に松竹伸幸著「マルクスはどんな憲法をめざしたか」が大月書店から発売された。マルクスが憲法について、どのように研究をすすめ、認識をしていったのか、を時代的背景を含め詳しく解説されている。  その中で、マルクスがプロイセンのライン新聞に招聘されるいきさつがある。「言論出版の自由」を闘ったマルクス24歳の頃の話である。当時のライン地方のブルジョアジーが、民主主義の前進と近代憲法の制定を求めて世論と運動を喚起するため、創立した新聞なのだが、「優れた論客」を求めて、マルクスを招聘したのである。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/11 18:11
マルクスは言う どんな小さな自由でもそれを譲れば「自由そのものを譲る」ことになると
 マルクス・エンゲルス全集CD−ROM版で「自由」を検索すると、それこそとても読みきれない程、実にさまざまな「自由」に関する項目がため息(笑)が出るほど検索される。。  マルクス・エンゲルス全集の第1巻の最初の論文は、「プロイセンの最新の検閲訓令に対する見解」で、当時23歳のマルクスは、まずは「出版の自由」として、検閲との闘いを記している。実に初々しく(笑)論理的知的な論文である。  結論的に紹介すれば「自由の、いかなる、あれこれの小さな自由をも、その侵害を許せば」それは「自由そのものを」侵... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/07 18:22
フルシチョフは資本論を読んどらん
 ソ連共産党22回大会後の、ある日突然、「フルシチョフは資本論を読んどらん!」と言って、背の高い眼光鋭き「じいさん(笑)」が、共産党県委員会へ怒鳴り込んできた。「電話を貸せ、中央員会へ電話しろ」といって、奥へずかずかと入って行った。その頃「中ソ論争」は始まったばかりで、居並ぶ若者たちは、目を白黒させていた(笑)。当時、県委員会内で書店業を営んでいた(笑)私しめも、なんのことだか?よく解らんかった(笑)が、「フルシチョフは資本論を読んどらん」はしばらく流行った(笑)  さて、2〜3年のちに、また... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/30 16:42
エンゲルスと大津事件と電信電報の歴史
エンゲルスと大津事件と電信電報の歴史  マルクス・エンゲルス全集CD−ROM版で「日本」を検索すると、マルクスに続いて、エンゲルスのラファルグへの手紙が検索される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/02/11 15:50
マルクスのリンカーン大統領への書簡
志位和夫委員長が、共産党25回大会報告で、マルクスのリンカーンへの手紙について、紹介しています。この書簡については、不破哲三さんが「科学的社会主義と民主主義の探求」(1990年)で触れられています。そして、昨年6月に志位委員長の「オバマ大統領への共産党の書簡」発表の記者会見でも引用され大変話題になりました。 そこで、「マルクス・エンゲルス全集CD−ROM版」で「リンカン」を検索しました。  この「全集」で読む一番のすばらしいところは、詳細な注解とマルクス・エンゲルスの詳しい年表が巻末について... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/19 16:06
マルクスは日本を「ぼろ・くそ」にほめてる(笑)
マルクスは日本をどのように描いているか?なんと「ぼろ」と「くそ」の話しかない(笑) 不破哲三さんの最近の著書「マルクスは生きている」で、マルクスの「日本論」とも言うべき面白い紹介がある。マルクスは日本の知識・情報をオールコックの「大君の都」から知ったに違いないと。 そこで、電子書籍版マルクス・エンゲルス全集で「日本」を検索すると10項目の検索結果がでた。 やけに詳しい(まるで、講釈師見てきたような・笑)引用振りである。が、ようするに、日本は中世封建制の極みであり、「ぼろとくそ(笑)」の世界... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 4

2009/12/08 15:09
一日100円でマルクス・エンゲルス全集(電子書籍版)をゲット
 むかし(15年前)、マルクス・エンゲルス全集(大月書店・全53巻)は24万円でした。それが、CD−ROM版になって、なんと35万円となった。現在CD−ROM版はV2版15万円と格安になった。それでも、時代は移り変わって、ある教組の若き女性幹部は「もったいない」と、のたもうてすげなくお断りになられた。  むかしむかしのその昔は、マルクス・エンゲルス全集は一卷ずつ配本されていて、一冊1500円もした。当時、私めの給料は月7000円、1ヶ月のお小遣い500円の頃の(年がばれる・笑)お話です。とても... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/09/23 10:40

続きを見る

トップへ

月別リンク

マルクス・エンゲルス全集のはなし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる